おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
トップページ おすすめ情報 クチコミ情報 お役立ち情報 運営会社
おすすめ情報

行政書士は書類のスペシャリスト
行政書士とは簡単に言うと公的書類を作る人のことです。「書類を作る」なんて言うと地味で秘書や事務員のようなイメージを持ちがちですがとんでもない!行政書士はかなり法律の知識が必要なとても専門性の高い職業なのです。また書類を作るだけでなく、代理で諸官庁に提出に行ったり、書類作成に関する相談に乗ったりもします。公的書類と一口に言ってもその内容は様々です。例えば会社を設立しよう!と思った時にどこにどんな書類を提出するのかわかりますか?居酒屋を始めるのに勝手に営業開始していいわけはないですし、家を建てるのにも、財産を相続するのにも「書類」がいっぱい必要だというのは容易く想像できることでしょう。日本では遺言書のような個人レベルの物から大きなビルの建設に携わるような物まで、何をするにも公的に書面化する必要があります。これらの書類関係のスペシャリストが行政書士なのです。登記や相続等、裁判所関係の書類は司法書士でないと扱えないのですが、それでも行政書士の取扱い可能書類はなんと1万種を超えるそうです。しかもこれから益々増えていくとか。これはこの先とても有望な職業ですね。しかし行政書士は国家資格が必要な職業ですので、誰でもなれるわけではありません。しかも合格率が10%未満の超難関。それはそうですよね。単純に考えたら1万種類も書類があったら書類の名前を覚えることすらままならないですもの。しかしだからこそこの「何でも書類化」の風潮が根強い日本において行政書士はとても需要のある職業なのです。